Posted 14 hours ago

で、その『パズループ』をやると思い出すのが、学生時代によく通っていたゲーセンで出会ったパズループおじさん。
私は当時ナムコの『ミスタードリラー』が好きで良くプレイしていまして、その隣にあったのが『パズループ』。
曜日や時間に限らずゲーセンに行くと、いつも『パズループ』をプレイしているおじさんが居て、何を生業としている人なのか不思議に思っていました。
そんなある日、おじさんの隣に座ってゲームをプレイ中、急に話しかけられまして。
「お兄ちゃん普段何やっとるの?」と聞かれ、
「学生っす」と返すと
「お金はどうしてるの」と
私は「バイトっす」と答えると即座におじさんが
「株やれ株。おしえてやるで、もう働かんでええぞ」と。

パズループおじさん元気でしょうか。真贋はさておき、あの時色々と聞いた話を実践する事も無く、私はいまだに投資とは無縁の生活で、堅実に定期預金をしています。最近の懐具合はどうっすか。

Posted 1 day ago
Posted 1 day ago

(Source: krk39)

Posted 4 days ago

以下、映画と全然関係ない話です

先日、AV屋さんで見た光景を整理し、己の心の中に消化するために、ここに書いておきたいとおもう。
あれは金曜日の夜であった。仕事を終えた私は、近所のAV屋で何かしらの商品を買おうと思い、5キロ先まで足を延ばすことにした。そして色々な商品を眺めながら、十五分もした頃だろうか。
ドタドタドタドタ!
誰かが店内に駆け込んでくる音がした。普通、ああいう店では、客は紳士的に振る舞うものである。事実、私の傍らで580円均一中古コーナーを見ていた老人も、極めて紳士的に、商品を大切そうに扱っていた。
「駆け足で入ってくるとは不粋な……、何をそんなに急いでいるのか?」
程なくして、派手な足音の主が見えた。
派手なシャツに金のチェーン。パンチパーマにサングラス。絵に描いたような「その筋」の人であった。
「これはただ事ではないぞ」
私はそう思った。心なしか、お隣のご老人も緊張しているようである。
男はそのまま店内の「大人の玩具コーナー」に入って行った。そして、再び、
ドタドタドタドタ!
派手な足音をさせながらカウンターに向かった。幾つかの商品を抱えて…。
「いらっしゃいませ」
店員の声が聞こえた。
「おう!」
男の声がした。典型的な、日常会話が恫喝に聴こえる様な、ドスの効いた声であった。
そんなドスの効いた声で、男は続けた。
「おまえ、チ×コ大きくなるジュポジュポする機械ってどれだよ?」
やはり、ただ事ではなかった。店内に緊張が走る。お隣のご老人も、それまで和やかな顔だったのに、男の発言を聞くや否や、眉間に皺を寄せ、腕を組んだ。
「ジュポジュポするやつでチ×コが大きくなるって聞いたんだよ!」
「お客様、それはですね……」
店員は何と答えるのだろうか?店内すべての意識が注がれる。
「このTENGAというものは、そういう商品ではございません」
TENGA、いわゆるオナホールである。男性器を挿入し、上下運動を行うことで、快楽を得る器具だ。ただ、あくまで快楽を得るための器具であり、少なくとも私は、男性器を大きくする効果があるとは聞いたことがない。
「これ、チ×コをジュポジュポするやつやろ!」
「いえ、これはジュポジュポはしますが、大きくはなりません」
店員の誠実な対応が胸を打つ。気付けば、お隣の老人はDVDコーナーに背を向け、完全にカウンターを注視している。
「じゃあチ×コを大きくするジュポジュポはないんか?」
「それは…恐らくですね…」
店員さんはそう言うと、店の奥に入ってゆき、段ボール箱を持って戻ってきた。
「こちらになるかと思います」
それは、エロ本やエロ広告で一度は見たことがあるものだった。そう、あのポンプである。筒状の中に男性器を挿入し、空気圧で増大させるというアイテムだ。
「これで大きくなるんかい?」
男が問う。
その瞬間、もはや「コト」は一人の客と店員の会話ではすまなくなった。
男の問いは、誰もが思ってはいるが聞けないことだった。男はそれを口に出したのだ。
やがて、店員が口を開いた。
「お客様、正直に申し上げますと、確実に増大するとは断言できません。また、とても長い時間と、相応の訓練が必要になります。しかし、その訓練と時間を費やしても、100%確実に増大するとは断言できません」
真摯な回答であった。商品の性質とリスクをきちんと説明したのだ。しかし、それは真摯ではあるが残酷な回答だった。大きくなるか分からない、しかし相応の訓練と時間を費やす必要がある……それは可能性と言う無限の大海で宝島を捜すようなもの。
この回答を前に、男はどう答えるのか?
さすがの男も、購入を躊躇するのではないか?
そんな私の考えは、すぐさま打ち砕かれた。
ヘッ、上等だよ
この時、この会話は男たちの寓話へと昇華された。
可能性という海はあまりに広い。多くの船員たちの命を飲み込む。しかし、それでも、大海に漕ぎ出さねば宝島には辿り点けないのだ。男は漕ぎ出した。それも「上等だ」と天にうそぶいて。
「ありがとうございましたー」
店員の声が響く頃、店内は確実に、数十分前とは違う空気に満たされていた。
確かに俺たちは見たのだ。嵐の海へ漕ぎ出す男の姿を。その船出を。
これから先、俺たちも色々な困難に出くわすだろう。だがしかし、その度に、俺たちは今日見た光景を思い出すのだ。
店を出ると、大きな月と目が合った。それはまるで、圧倒的な力で私を見下ろす強者のよう。
思えば、仕事でやらねばならないことが山積みだ。これから先、不可能なことにも挑戦しなければならないだろう。しかし、しかしだ……
「上等だよ」
私はそう呟き、ニヤリと笑った。
Posted 1 month ago
あまりにもエヴァに汚染されすぎた大学演劇の世界に飽きて、きちんとした話を作ろうと思い、明るい設定、ハッキリとしたストーリー、優しい登場人物が出るラノベを書いて応募したら賞を取って現在に至る
Posted 1 month ago
Posted 1 month ago
Posted 1 month ago
Posted 2 months ago
【やたら鼻につく怪談】「これは俺がまだ自分が一流であることを自覚する前の話なんだけど…」
Posted 2 months ago
viridi-luscus-monstrum:

Toad from the sea near Pusan

viridi-luscus-monstrum:

Toad from the sea near Pusan

Posted 2 months ago
「アクセルミュージックエンターテイメント」設立の際に、若い社員の前で「利益が出るまで、オレは家に帰らない!」と大見得を切ったため、スタジオにソファを入れてそこで暮らした。利益が出るのに7年もかかり、結局12年スタジオで暮らした[30]。窓が無い地下室で湿気が多く、肺にカビが湧き頭の皮がむけるなど色んな体の箇所を病んだ
Posted 3 months ago
Posted 3 months ago
高校生の頃偶然入った古着屋で値札見たらドル表記で「えっ!」て思ったら店主に「うちはアメリカの空気を届けたいから値札はそうしてる」ってドヤ顔で言われたから「ちなみに今日のレートはいくらですか?」って訊いたら「いやそれは100円掛けてもらったら」って言われて「マジかこいつ」って思った
Posted 3 months ago
Posted 3 months ago
外はパリッ!中は死の象徴